マーケティング

ヒットを打てる人と普通の人

イチローさんが涙するなんて,珍しいなぁ・・・
という感想をもった澤田だです。
仰木監督のことを想ったのでしょうか・・・。
マーケティングでも,ワネジメントであっても,
ホームランが打てるヒッターになりたいところ。

4割ぐらいは,いきたい。
そして,空振りはなしで,最低でもファール。
おしいっ,てやつですね。

 

お客様は,いろいろな意図を持って,
ボールを投げてきます。

これに,バットをどうあてて,どう返せるか。

 

例えば,(うちでは)良くある郵便物の
受渡しでの対応の一コマ。

 

「郵便物ある?」の問いに対して,
「ないです」と,答えるのは,三振。

 

「追加があるかもしれないので,
郵便受けを確認してきましょうか?」
と,言えれば,シングルヒット。

 

「追加があるかもしれないので,
郵便受けを確認してきます!」と
走っていける(行動できる)のであれば,
ホームラン。
そして,郵便物があったら,
全部を分けるのではなく,澤田宛の郵便物だけ
先に処理してすばやく渡す,ということができれば,
満塁ホームラン。

 

感覚的には,こんな感じ。

これがさ,ヒットを打てる人は,ヒットを量産するし,
三振する人は三振するばっかだし。

で,ホームランを打つ人はホームランばっかだし。

 

…今日は,満塁ホームランが見れたので,
個人的には,超・テンションが上がりました^^

 

相手がどんな意図をもって,アプローチしてきているか,
考えるようにすることが,ヒットを量産する鍵。

 

ニーズ,ウォンツ,ウィッシュ。
(Needs,Wants,Whish)

 

このウィッシュレベルまで,
思考を深められるか?ということ。

 

というわけで,スタッフのみなさん,
Hさんから学ぶことは,多いですぞ。

 


【アクセス】ファシリテーション株式会社

地下鉄・丸の内駅 7番出口徒歩3分
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号 白川第8ビル5階


最近の記事



マーケティング・シャワー365

*
*
*
PAGE TOP