仕事術・組織論

講師の準備不足は致命傷です

今年のあの試験は厄年なのか?っと,思う,
【未来逆算理論】で稼ぐ会社に確実に変える,
マーケティング・ファシリテーター,
「さわちゅう」こと,澤田隼人です。

何の試験か?っていうと,
留学生試験です。

外国人留学生が
日本の大学受験で利用するのが
留学生試験。

問題は試験終了後も非公開。
これが原則なわけですが・・・。

偽名で日本人の塾経営者や
その従業員が受験をして,

眼鏡型カメラで撮影。

で,偽計業務妨害で逮捕。

これだけでもやだなぁ…
っと,思っていたのですが,

今度は問題の不足で,
試験が実施できなかったことが発覚。

大阪大学豊中キャンパスで,
受験者2469人のうち,
1624人分の問題が不足。

問題冊子の印刷発注時に
計算ミスで必要部数を
確保できなかった・・・

っということですが,
半分以上足りない計算ミス,
これって,なによ・・・。

おそらく問題は当日,
朝に搬入だろうから,
責任者の方,あせっただろうな…。

さすがに,

豊橋技術科学大学(愛知・豊橋)や,
龍谷大学(京都・深草)や,
関西学院大学(兵庫・西宮)の

近隣(?)会場から,残余の問題を
新幹線で運搬させても間に合わない,
でしょうしね・・・。

問題漏洩の危険性も高いし。

というか,

阪大豊中は新大阪から遠い。
電車だと楽勝で1時間半ぐらいか。

しかも試験会場,
A棟・B棟・C棟・大講義室,
だから,柴原の駅から一番遠い…。

キャンパス内徒歩10分。苦笑

責任者も,担当者も,
真っ青だったんだろうな。。。

くわばらくわばら。

試験なので,前日搬入は
難しいところですが,

せめて,前日に運送会社の倉庫で
試験問題の部数確認ぐらいは…
って,思ったりもします。

実施できなかったときの影響と,
問題漏洩のリスクを
天秤にかけて考えたら,

運送会社の倉庫で
問題数の開封確認をしたほうが,
僕は良いと思うのです。

実施できなかったときの,
他人の人生に与えるインパクト,
大きすぎるのです,ほんと。

お金をどれだけかけててでも,
リスクがあったとしても,

何があっても,他人の人生を
左右させるインパクトを与えず,
実施できる環境を整えておく。

これが肝心だと,
僕は考えるのです。

お金よりも,他人の人生,
こっちのほうがよっぽど大切。

講演講師・セミナー講師,
あと研修講師なんていうことも
稼業にしている僕ですが,

たまには,レジュメを使います。

基本,ほとんどレジュメを
作らないですけど,ね。

どーーーしても,
というときには作ります。

でも,まぁ,絶対に,

パワーポイントを印刷した
レジュメ

なんかは配りませんけど,ね。

講演にしても,
セミナーにしても,
研修にしても,

ライブ感が重要,
ですからね,ほんと。

パワポレジュメとか
最悪でしかない。苦笑

 

ほとんど最近は
レジュメがない状況ですが,

作っても,3枚ぐらいにしたい,
っと,常々考えています。

 

で,主催者さんに印刷を
頼むということも多いのですが。

そのときには,

参加者数の1.2倍

の印刷を必ず,お願いしています。

当社主催のセミナーのときにも,
必ず,1.2倍のレジュメを
印刷しています。

バッファーですよ,バッファー。

ドタ参加もあるかも,
っというのもあるんですが,

印刷不良とか,部数不足,
これが一番,怖い。

満足度が劇下がりしますから。苦笑

 

昔,某K田先生(笑)の
それなりにお高いセミナーで,

テキストが足りなかった・・・
っということが起きてて,

ちょっとーーー!

っと,思ったので,
それ以来,マストのルールに
しています。

ま,そのセミナーでは,
元のテキストをコンビニコピーで
対応していましたが・・・。

やっぱり,満足度は下がる。
当然の帰結,ですよね。。。

 

で,印刷物って,満足度に
直結するんで,それなりに,
細かく,印刷のお願いをしています。

公的機関とか,ちゃんと依頼しないと,
わら半紙に印刷しちゃいますからね。。。

確認して,それしか紙がない,
ようであれば,こっちで印刷します。

あとはどうしても,
どうしても,レジュメが足りない!

っということに備えて,

レジュメをPDF化したものを
いたるところに持っていってます。

コンビニで印刷できるように,
ネットプリントサービスに
置いて置いたり。

PCだけでなく,USBメモリと
SDカードにデータを入れておく。
もちろん,クラウドにも,

 

で,最悪,コンビニコピーでも,
無難にいけるようにしておく。

コンビニの場所や,
印刷サービスのお店は,
事前に,事前に,見つけておく。

ということをやってます。

たまに,いや,結構,
宅配の荷物は指定した日時に
届かないですし・・・。

先方の担当者さんが,
レジュメを箱ごと忘れてくる,
とか,あることですし。

 

同じく,PCなんかもそう。

最近はPC2台持ちはしてませんが,
それでも1台は予備での準備を
お願いしています。

自分で持っていくのは,
PCとiPad Proです。

動かない,データが壊れた,
なんてこと,ありますから,ね。

プロジェクターにつなぐ
コネクタやケーブルも,

複数,持って行ってますし,
準備をお願いしてもいます。

あと,ホワイトボードの
ペンとクリーナーも。

 

そこまで準備しておいて,
使わなくても,まぁ,いいんですよ。

実施できなかったときが,
恐ろしいったらありゃしない,
ですからね,ほんと。

 

最悪の未来をイメージして,
それを起こさせないために,
必要なことを逆算する。

そして,実践する。

悲観的に備えて,
楽観的に実践する。

準備は無駄に終わったほうが
良いに決まってる。

実施できなかったときには,
他人の人生を狂わせる。

そんな覚悟をもって,
僕は講師をしているのです。

 

千里の道も,一歩から。

 

あなたが講師をするということは,
いつも,他人の人生を左右する,
信じられないほど重要な役割です。

徹底的に準備をしておく。

まさに,命がけですよ。
全ては,受講者のために。

 

幸せにできる人で,
幸せにしたい人を
幸せにするために,話す。

で,その対価として,

受講料であったり,
講演料をいただくのですから,

圧倒的な準備をしておいて
ナンボな世界だと,
僕は考えています。

 

さて,今日も,
週末と週明けの準備,です。

準備,準備,準備。

準備で当日のできの
8割は決まりますから,ね^^


【アクセス】ファシリテーション株式会社

地下鉄・丸の内駅 7番出口徒歩3分
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号 白川第8ビル5階


最近の記事



マーケティング・シャワー365

*
*
*
PAGE TOP