仕事術・組織論

責任をとるべきはいったい誰

人間じゃない人間を相手にすると疲れる,
【未来逆算理論】で稼ぐ会社に確実に変える,
マーケティング・ファシリテーター,
「さわちゅう」こと,澤田隼人です。

昨日,人間じゃない人間の
お相手をしていたので,グッタリ。。。

Aをやってくださいと頼んだのに,
Kぐらい離れたことをやる・・・。
で,Aはやってない・・・。

Bをしないでくださいといったのに,
Bを思いっきりしてくる・・・😭

指示書に書いてあることを
書いてあることにやってください

と,頼んでいるのにも関わらず,

指示書に書いていないことを
指示書に違反するように
やってくる・・・😱

挙げ句の果てには
ご法度なことの
数々を繰り返し・・・。

まぁ,そういう人がいる,
っていうのは想定してはいますが,

さすがに,そういう方々が
ゴロゴロいまして😱

っていうのには,
さすがの僕も,
担当者さんに鬼電話😡

事実を淡々とご報告。
感情は押し殺しつつ。

で,

担当者さん・・・

 

「・・・・・・・(絶句)」

珍しく,動じない担当者さんが,
一言も喋れなくなりました…。

そりゃそうだ😭
前代未聞の事態やもん。

 

お客さんの前では,

新人だろうが,古株だろうが,
アルバイトだろうが,パートだろうが,
派遣だろうが,役員だろうが,

社長だろうが,

avatar

さわちゅう

まったく関係ない!

 

わけで,自分の仕事には,
責任をもって,して欲しい。

幸せにできる人で,
幸せにしたい人のために,
ビジネスをしている。

その義務を果たす
責任があるってことを
忘れちゃいけないのです。

でね,僕はよく,
クライアントさんのところで
従業員さんと一緒に働きます。

さすが,実践派。笑

ファシリテーターとして,
しっかり,現場に入って,
現場の状況,みたいですから,ね。

でね,やっぱり稼げてない会社って,
わかりやすく,ホウレンソウとか,
できてないわけ,です。

コミュニケーション不足・・・。

まぁ,こういう会社がね,
マーケティングなんか
できるわけがない😱

社内マーケティングが
できない会社がどうして
社外マーケティングができるのか…。

 

なので,最初の最初に,
お話するのが,

岩田さんに教えてもらった話。

ピッチャーとサード,
どっちが偉い?

ピッチャーとキャッチャー,
どっちが地位は上なの?

とか。

アルバイトだろうが,パートだろうが,
正社員だろうが,契約社員だろうが,
全く関係ないわけ,です。

同一労働同一賃金を
主張するのであれば,
なおのこと,ですよ。。。

ただちょっと,契約の内容が
違うだけで,やるべきことは
まったく変わらないのです。

でね,僕はマネージャーさんとか,
いわゆる「責任者」になる人たちと
現場の人たちに

あるメッセージを伝えています。

それは,

責任者は
責任をとるのが仕事です。

スタッフは,
責任者に責任をとれるように
するのが,仕事です。

って。

責任者は,責任をとることから,
逃げてはいけません。

すべてはあなたの責任です。

ただね,

あなたが責任を取れる状態,
これでなかったときまでに,
無制限に責任を負わせる,

そうではないですよ,

っていうことも,伝えてます。

 

で,スタッフの方々には,

責任者が責任をとれるように,
みなさんは,きちんと,
報告・連絡・相談をしましょう。

責任者が責任をとれないとき,
その責任はみなさんにきます。

責任,負いたいですかね?

責任を負う覚悟がある人は,
報告・相談・連絡,しなくても
いいですよ。

責任をなるべく負いたくない人は,
責任者にしっかり,事前に,
なすりつけておいてくださいね。

ってしておくと,
結構,ホウレンソウがうまくいく。

で,その前の段階として,

積極的に雑談を
してもらえる環境

これも必要だから,整備しますけど,ね。

バックヤードであったら,
いくらでも雑談してもらって,
OKなんですよね・・・。

チャットワークとか
Slackでどれだけ雑談してもらっても,
OKなわけですよ・・・。

節度がある範囲であれば😆

でもね,忘れてはいけない。

社長には,

従業員が報告・連絡・相談,
そして,雑談ができる環境を
整備する義務がある。

これは,ごくごく,当たり前。
でも,忘れられているけど,ね。

責任者に責任をとれるように
する責任があるわけ,ですよ。

これを怠ってる経営者・社長,
めちゃめちゃ多いんですが。

で,さらに忘れられているのは,

avatar

さわちゅう

社長は無限責任

 

である,っていうこと。

どんなときだって,
すべての責任を取るのが,
経営者・社長の仕事です。

従業員がなにしようが,
責任を取るのはあなたです。

従業員のせいじゃない,
全部,あなたが悪いのです。

故意や過失がなくたって,
責任を負うのが,
社長・経営者なわけですよ。

自分の会社に
起因することであれば,ね。

 

ほんと

無責任社長

が多すぎて困ります。

うちのクライアントには
ほぼいないので,
生暖かく見てますが。😭

 

もちろん,

お客さんが悪いときとかに,
責任を負う必要はありません。

なんでもかんでも,
お客さんに謝ればいい,
っていうもんでもない。

お客さんも,人間。
あなたに責任をとれるように
する義務はあるわけ,ですよ。

その責任が果たせてない,
のであれば,こちらとしては,
責任をとらされる必要はない,

のです。

もちろん,こちらが責任を
とれる状態にしてもらっていれば,

当然,責任を負うわけ,

ですけど,ね。

 

千里の道も,一歩から。

 

あなたの責任への考え方,
いったいどんなものでしょうか?

しっかり,責任をとる気,
適切な責任をとる覚悟ありますか?

まずは,しっかり環境の整備。

すべては責任をとれる状況を
作り出すためにするのです。

これも,経営者・社長の責任。

やってなかったら,
ちゃんと,責任をとる。

当たり前,なのです。





【アクセス】ファシリテーション株式会社

地下鉄・丸の内駅 7番出口徒歩3分
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号 白川第8ビル5階


人生の質を圧倒的に変える術前のページ

圧倒的な未来に行く方法とは次のページ

最近の記事



PAGE TOP