半額儲けたあとにやったこと

駐車場代金が半額になってしまった、
稼ぐ仕組みの公式で利益を増やし、
生き残り続ける会社を創る参謀、

マーケティング・ファシリテーター、
「さわちゅう」こと、澤田隼人です。

いやぁ、半額って、
本当にありがたい!

某駅前に朝から車を
停めていた僕・・・。

8時から20時ぐらいまで、
停めっぱなしだった、
んですけど。

打ち切り800円、
のはずが・・・

なんと400円!

精算機、二度見しましたが、
400円と言っているので、
ラッキーっと、精算。

あとから見てみるとね・・・

あれ、入庫時間ちゃうやん。

ということで、どうやら、
誰かが、

「あちらの方に」っと、
一度精算してくれた

みたいです。ありがたやー。

まぁ、間違えて精算した、
んだろうけどねぇ・・・。

初体験、です。

これ、毎日、ないかなー。

で、せっかく頂いたお金ですから、
誰かのために使わないと・・・

っということで、
ポチッとな、で九州に寄付。

継続設定もしておいた。

ある男に託しまして、
熊本の支援を支援。

僕ができることは、
こんなことしかできません。

浄財なんて、僕にはできません。

寺院・慈善などのため、
個人の利益を離れて、
寄付するなんて。

利他の精神とは
言ってますけど、

裏には自利の精神だって
ありますから、ね。

利他→自利の流れであって、
決して、浄財なんかじゃない、
んですよね、俗人ですから。

僕がちょっとお金を出したら、
僕になんかあったときには、
お金がちゃんと得られるかな

ぐらいに、思っているわけですよ。

 

っていうか、

何度でも、誰か僕の駐車代金を
精算してください〜

っと、思っている時点で、
僕はかなり俗ですけど、なにか?笑

ただ、まぁ、ビジネスというのも、
ある種の正義の一つであって、

絶対的な正義じゃない、
というのが本質よね。

正義 対 悪
というよりは
正義 対 正義

の場面のほうが多いわけ、で。

この本だったかな、

「金は汚く稼いで、綺麗に使う」

という言葉があったのは。

どんなに善行・良いビジネスであっても、
ある日突然、悪行・悪いビジネスに変わる、
なんてことはあるわけで。

それが人間というか、
世間というか・・・なわけですよ。

先日、ホリエモンの話を
飲み会でしていましたが、

リアルタイムでホリエモン劇場を
見ていた人間としては、

善という評価が、一瞬にして、
悪という評価に変わったのをみて、
絶句したわけ、ですけど。

大人って勝手やなぁっと、
思っていたわけです。

まぁ、でも、
善・悪の評価の二面性

これがあるからこそ人間であり、
善悪のバランスを取り続けるのが、
最良の一手なのかもしれないな。

まぁ、だからこそ、
僕は寄付したんだけど。

っていっていたら、
お坊さんからご依頼をいただいた
んだけど。微笑

これも、なんか意味があること、
なんだろうなと、思いつつ。

義祖父が亡くなったところ、ですし。
大工一筋だった、義祖父。

才能を活かしきった感じが、
ひしひしと伝わってきたのです。

自分の本当の
才能・知識に気づいた人は、

その才能・知識を
社会に生かす責任を負うべきだ。

これが、僕が定義している、

ノブレス・オブリージュ
- noblesse oblige

直訳すると「高貴さは義務を強制する」、
という、フランス語(で書かれた思想)の
内容なんですけど、ね。

自分の本当の才能・知識にを、
生かすためにやるべきことをやる。

で、やっぱりさ、
「社会に生かす」ってところが、
僕は必要だと思うわけです。

利他自利。
先義後利。

利他だけじゃなくて、
ちゃんと自利も必要。

利他をやっていると、
後から、自利はついてくる。

っと、僕は考えています。

ま、返ってこなくても、
別にいいですけど、ね。

直接、その人から返ってこなくても、
別の誰かから返ってくるだろうし、ね。

誰かの犠牲のもとに成立する
ビジネスなんて、ありえない。

そんなのは、
詐欺とかいうやつ、
ですよね、ほんと。

でね、

その誰かは他人でもあり、
自分でもあるわけです。

自分だって、犠牲にしちゃ、
いけないんですよ。

自己犠牲も、ダメ。

幸せにできる人で
幸せにしたい人を
幸せにする。

このために、ビジネスをする、
わけなんですよ、ほんと。

そして、

誰かを幸せにすることは、
自分自身の幸せになっていく、
んだと、僕は思うわけです。

まぁ、僕は「いいひと。」、
なのかどうかは分かりませんが…。

草彅くんが思い浮かんだ人は、
オールド認定です。笑

「私の周りの人の幸せが、私自身の幸せです」

と、言い切れるか?といえば、
難しいところ・・・。

でも、

幸せにできる人で、
幸せにしたい人を
幸せにする。

というのは、僕の信念では
あるわけです。

まあ、少なくとも、

他人のことを考えず、
自分のことしか考えない人は、

僕は幸せにできないわけですよ。

 

んでもって、何もしてあげられません。

他人を変えようとすることほど、
無駄なことはありませんからね。

人間は内部から変わらないと、
変わることはないのです。

外圧じゃあ、無理ですから。

千里の道も、一歩から。

あなたはどれぐらい
いつも他人の幸せを考えてますか?

しっかりと、利他から入る、
徹底するのがビジネスです。

まずは、利他なのです。
全ての本質が、これ。

ただ、自利があって
しかるべき、なのです。

利他→自利、これは単に
順番なだけ、ですから。





【アクセス】ファシリテーション株式会社

地下鉄・丸の内駅 8番出口徒歩6分
名古屋市西区那古野一丁目3番16号 G next nagono 5F



関連記事

  1. マーケティング

    神が宿る 結果を出す科学的思考

    こまかーーい調整をするのが好きな、稼ぐ仕組みの公式で利益を増やし、…

  2. マーケティング

    徹底的にこだわって生きたい

    7,700円を30分のために支払った、【未来逆算理論】で稼ぐ会社に…

  3. マーケティング

    ダサい業界って最高!じゃん

    キングのスーツ姿がカッコイイなと思う、稼ぐ仕組みの公式で利益を増や…

  4. マーケティング

    起業家と補助金の本当の関係

    小規模事業者持続化補助金の申請ラッシュが一段落してやれやれな未…

  5. マーケティング

    ナンバーワン 最高のレアカードに

    やっぱこれだね、いい感じ、的な、稼ぐ仕組みの公式で利益を増やし、…

  6. マーケティング

    本当にそれは簡単な実践か?

    実践すればいいのにねーっと、思う、稼ぐ仕組みの公式で利益を増やし、…

最近の記事


ファシリテーション株式会社
行政書士ほみにす法務事務所

451-0042
名古屋市西区那古野一丁目3番16号
G next nagono 5F

PAGE TOP