マーケティング

必ずライバル不在になる理論

2時間前には会場付近にいる男だったりする、
稼ぐ仕組みの公式で利益を増やし、
生き残り続ける会社を創る参謀、

マーケティング・ファシリテーター、
「さわちゅう」こと、澤田隼人です。

1年ぶり、4回めの登壇😚
まぁ、なれた会場、ですけど、ね。

それでも、車で1時間はかかるので、
早めに移動して、2時間前に到着。

で、近所のファミレスで
ご飯食べながらお仕事。

日中のファミレスは、
いろんな人がいるなぁ・・・。

隣でなにやら、大きな金額の
商談が始まったけど・・・。

こんな騒がしい中で
ええんかしら😅

僕、AirPods Proじゃあ
対応できないウルササだったんで、

BOSEのヘッドフォンを
取り出しましたが😚

ちょっと離れたテーブルでは、
もてなさそうな年上イケイケ風くんが
女子を口説いていましたが😅

ちーちゃんとかだったら、
お耳がダンボな、あれですな。

 

でね、僕がよく、
講演やセミナーで訊くこと。

avatar

さわちゅう

カレーが食べたいと思って、
ファミレスに行ったこと、
ありますかね?

 

1万人に1人ぐらい、
カレーが食べたくなったから、
ファミレスに行くっていう人、

いたりするんですけど😅

まぁ、それはそれで、
レアなわけですけど。

でね、よーく考えてみてください。
人々がファミレスに行く理由。

本当に、ご飯を食べに
行っているのか?

って、考えたこと、あります?

周りを見てみるとね、
食事がメインっていう人、
ほぼほぼいない感じなわけ。

大事な商談をしてる人。
(話は全部、筒抜けだけど)

お友達とおしゃべりしている
ご婦人たち。(結構、声が…)

お子様たちとママ友たちの
集会(お子様は可愛い)。

大学生が勉強していたり、
コーヒー飲みながら本読んだり、

一生懸命、資料作成している
サラリーマンがいたり。

昼休みだからちょっと休憩
だったりもする。
(寝ちゃだめだろうけど。)

講演前にしゃべることを
もう一度、イメージしている
人がいたり。(僕ですな)

というわけでね、なかなか、
ファミレスに食事だけを
目的に行くっていう人、

少ないわけ、ですよ。

本当の目的があって、
だからこそ、ファミレスに行く、
っていうわけなんですよね。

 

でね、

ぜひ、あなたのお店・会社でも、
問うてみて欲しいのです。

 

なぜ、お客さんは
あなたのお店・会社を
わざわざ選ぶんですか?

 

こういう商品を売ってるから、
こういうサービスがあるから。

じゃ、ないんですよ。

その先にあるSomething、
このために、来ているのです。

靴を買いに、靴屋に行く、
じゃないんですよ。

パンを買いに、パン屋に行く、
じゃないんですよ。

麻雀しに雀荘に行く、
じゃないんですよ。

歯科矯正がしたくて、
歯科矯正をするんじゃない。

そこんところ、
誤解してはいけない。

その先のなにか。

ここにフォーカスしてあげないと、
幸せにできる人で、幸せにしたい人を
幸せにすることはできません。

そうじゃないと、

その人の夜も眠れないほどの
痛みや悩みを解決できない、
ですからね。

その先のなにかの正体は、
少し先の幸せな未来かもしれないし、
ちょっと先の未来かもしれないし。

更に遠い未来のことかもしれない。

ちなみにね、

その先のなにかに
フォーカスできないと
どうなるか、っていうと。

あなたは便利な
業者になりさがる

わけですよ。
お客さんからすると。

だからこそ、

他にイイモノ、安いものが
出てきたらそっちに行っちゃう。

業者になっちゃうとね、
代替がきくようになっちゃう、
んですよね・・・。

One of them.

になっちゃう、っていうこと、
なんですよね。

これでいいっていう人は、
それでもいいと思います。

でも、

僕は嫌ですから。

ナンバーワンで、
オンリーワン。

それが、

商品=自分自身

ですから。

お客様があなたを選ぶ
本当の理由。

その先のなにか。

これがなにかが
分からなかったら、

ぜひ、お客さんに
聞いてみてください。

なぜ、うちなのか。
なぜ、私なのか。

アンケート用紙とかじゃなくて、
軽くインタビューするってのが、
本音を引き出すコツ、です。

コーヒーとか、紅茶とか、
店頭でサッとだしながら、
おしゃべりをする。

そこで本音がポロッと
出てくるわけ、ですよ。

僕が大切にしている
コンセプト。

自分の本当の
才能・知識に気づいた人は、

その才能・知識を
社会に生かす責任を負うべきだ。

これが、僕が定義している、

ノブレス・オブリージュ
- noblesse oblige

直訳すると「高貴さは義務を強制する」、
という、フランス語(で書かれた思想)の
内容なんですけど、ね。

自分の本当の才能・知識にを、
生かすためにやるべきことをやる。

それをやり続けることが、

商品=自分自身

っていうことであって、
唯一無二、ということですよ。

あなただから、
買いたいんです。

あなたがいるから、
来たんです。

あなたがいるから、
契約したんです。

こう言われる存在に、
ならなきゃいけないわけ、ですよ。

そうなるとね、

業者とお客の関係、
じゃなくて、

パートナー

という相互にいい影響を
与えられる存在に、
なっていくわけ、ですよ。

 

そのためにも、

あながた幸せにできる人で、
幸せにしたい人の抱えている
夜も眠れないほどの痛み・悩み

これにきちんとフォーカスして、
商品・サービス開発をしたり、
情報発信をしないとダメ、

なんですよ。

自分勝手な商売は、
誰も、幸せにはしませんぞ。

あなた自身も、ね。

 

千里の道も、一歩から。

あなたがなぜ
いつも選ばれるのか。

しっかり考えてください。
テキトウになってちゃダメ。

まずは、お客さんに、
本音を聞いてみてください。

思ってもないことで、
選ばれている可能性、
結構、あるんですよね。

でも、

その思ってもない理由が、
パーソナルであればあるほど、

お客さんはあなたのお客さんで
ありつづける可能性が高いのです。





【アクセス】ファシリテーション株式会社

地下鉄・丸の内駅 8番出口徒歩6分
名古屋市西区那古野一丁目3番16号 G next nagono 5F



関連記事

  1. マーケティング

    破壊者の義務は創造なのです

    暴走バイクVS暴走プリウスを見ていた、稼ぐ仕組みの公式で利益を増や…

  2. マーケティング

    未知と既知の繊細な使い分け

    コンビニでパンを買ったら、箸が入っていた未来逆算マーケティング…

  3. マーケティング

    10年捨てられない自信ある?

    イチローのヒットから10年か…っと思った、稼ぐ仕組みの公式で利益を…

  4. マーケティング

    温度差にビンカンになるべし

    殺人的な暑さに、ほんと負けそうな、稼ぐ仕組みの公式で利益を増やし、…

  5. マーケティング

    流れとカタチとボトルネック

    無線LANルーターを久々に交換した、稼ぐ仕組みの公式で利益を増やし…

  6. マーケティング

    石垣で打ち合わせしません?

    沖縄が寒すぎて、あぁぁ・・・という感じの、稼ぐ仕組みの公式で利益を…

最近の記事


ファシリテーション株式会社
行政書士ほみにす法務事務所

451-0042
名古屋市西区那古野一丁目3番16号
G next nagono 5F

PAGE TOP