マーケティング

あの子のすごさの本質

意外と細かいことに気を使っている,O型の澤田です。
部屋とデスクが片付いてないわりには・・・と,
No.2にチクチク言われているところではありますが。

基本,弊社は僕以外,
パートナー(スタッフ)は全員女性。(しかも,年下。)

そして,初期応対をしてくれる受付も女性。
(弊社パートナーではなく,入居先のスタッフさんですが。)

彼女たちに,チラチラと見せて,お願いしているのがあります。

それが,「Make Our Happy Moment」という題の紙。

ペライチの紙ですが,ここには,僕が考える
-お客様とあなたを幸せにする接客のための7つのヒント-
が書かれているます。

冒頭,次のことをメッセージとして書いています。

お客様は,他の多くの中から私たちを選ばれました。
その期待にこたえるため,私たちはプロフェッショナルとして
行動しなければなりません。

最初にお客様と私たちが創った幸せの瞬間こそ,
今後のお客様と私たちの幸せを創るための
最も重要な瞬間です。

すべてはこのために,書いてある,接客のヒントなのです。

先日,新人の女の子が,入居先のスタッフとして入社されました。
(女の子,というのは失礼かもしれませんが,
そのほうが彼女に合う気がするので。)

この子が,本当に,すごい子です。何がすごいか,というのを,
Make Our Happy Moment」に書かれている
ヒントを通して,見ていきたいと思います。

ヒント3:Mind Details -神は細部に宿る-
あなたの心の様子は,細部からお客様に全てが伝わってしまいます。
特に先端に注意。(以下,省略)

まず,彼女が僕の想像以上にすごい子だと気がついたのは,
サービスマニュアルを徹底的に読み込んでいることに気がついたこと。

入社10日そこそこで,あそこまでぼろぼろに読み込んでる人はいません。
メモをとり,線を引き,何度も見返す。そして,加える。

基本動作といえば,それまでなのですが,
その基本動作をすることがいかに難しいことか。

僕は,中身を全部を見ているわけではありません。
(そもそも,それは僕が見てはいけないものとの自覚はある。)

彼女が持ち歩き,作業のときに常に横においてあるマニュアルの表紙と,
そこから透けてみえるものが,全てを物語っています。

ヒント6:Don’t Think, Feel -考えるな,感じなさいー
良い空間・良い接客は,心地よい“温度”を持っています。
その“温度”を感じなさい。
日常の中で出会った心地よい“温度”を,
あなたの中にしっかりと覚えさせなさい。

彼女は周りの温度に,非常に敏感です。
そして,本質的には自分の温度を作り,
周りを包み込むのが上手いタイプ。

どのようにすれば,相手が心地よいか,
本質を捉えて,感じて,変えている。

言葉や所作に,あったかさがしっかり出ていて,
それでいて,真の強さと,それを包む柔らかさが出ている。

思わず,相手が,くすっとしてしまうような,温度でもある。

まだまだ温度調整に慣れていない場面も見られるけど,
慣れてくれば,より彼女らしさが出てくると思う。

 

まだまだ,褒めてあげたいところはいっぱいあるんだけど,
これ以上褒めると,なんか気持ち悪く思われる気がするので
このへんで。笑

 

ただ,ひとついえることは,僕が最初に彼女に会ってすぐ,
「じゃあ,次はうちの事務所に就職で」と,言葉に出したのは,
一瞬で,彼女のすごさに気がついたからじゃないかなと。

もっとも,そのときに気がついた以上に,
素晴らしい子だということを知ったのですが。

 

そうだな,彼女に今,あげたいヒントはこれだな。

ヒント5:Don’t fear any Failure -失敗しても会社はつぶれないー
失敗しても,大丈夫。失敗しても,そう簡単には会社はつぶれない。
いい意味での開き直りも重要。失敗してもいい。
でも,報告はくださいね。謝るから。

失敗の優等生になりなさい。報告の優等生になりなさい。

 

キミは,
他人に「一緒にいて心地よい空気」を感じさせ,
エレガントに,一瞬のために身を粉にして
必ず人々を幸せにさせる 家に生まれました。

そして,キミの名前は,
シンメトリーであり,バランスがとれていて,
全ての本質を見抜き,その本質を生かす能力を持ち,
自己が本当に生きる理由を湧きたてる存在 を表しています。

Feel the power of you!


【アクセス】ファシリテーション株式会社

地下鉄・丸の内駅 7番出口徒歩3分
名古屋市中区丸の内一丁目10番29号 白川第8ビル5階


最近の記事



マーケティング・シャワー365

*
*
*
PAGE TOP