マーケティング

保証の極意を消費者庁に学べ

行政機関のWEBをよく見ている,
稼ぐ仕組みの公式で利益を増やし,
生き残り続ける会社を創る参謀,

名古屋のマーケティング・ファシリテーター,
「さわちゅう」こと,澤田隼人です。

目的の1つは,広告情報の収集。
自治体によっては,面白い広告,
募集していたりするんです。

今,一番出したい広告は,
証明書発行コーナーの番号札。

これ,なかなか空きがでなくて,
入り込めないでいます。

で,もう一つの目的は,
処分理由と内容の確認。

特に,消費者庁。

というのもね,

処分された=人の目を引いた
→でも,嘘や大げさが混じってた
からなんですよね。

なので,

嘘や大げさを混ぜず,
正直に,正しくいけば,
非常に良いマーケティング手法

ということに,なるのです。

そんな話を以前,
消費者庁で学ぶ正しい稼ぎ方
として,お伝えしています。

でね,今回も,学ぶべき事案,
出てきているんですよ。

というわけで,今日は,

保証の極意を消費者庁に学べ

お伝えしたいと,思います。

措置命令が出た保証の魅せ方

でね,今回,景品表示法に基づき,
措置命令が出たのは,
ある中古車販売店さん。

消費者庁のリリースによれば,
(以下,同リリースより引用)

本件129商品の各商品には、
車両に係る保証が無償で付帯している
かのように表示していた。

が,しかし,

本件129商品の各商品には、
車両に係る保証は無償では
付帯していなかった。

ということ。

マーケッターとしては,

10年保証「対象」とは,
書いてあるけど,

10年保証「します」とは
書いてないよね・・・

と,思いますけど・・・ね。
一般消費者から見ると,

「無料保証がついているように見える」

というのは,消費者庁の判断です。

ただ,家電とかだと,
延長保証対応とか,長期保証対応とか,
普通にこういう表示がある気が・・・。

家電とかだと,長期保証=有料,
という構図はほぼほぼ出来上がってるから,
優良誤認の可能性は少ないのかなと思いつつ。

でね,これって何も,
保証が有料であることを,
問題にしているわけではないんです。

保証が有料であることを,
明示してなかったことが問題

という,指摘なんですよね。

なので,チラシのどこかで,
明示的に,家電量販店のように,
長期保証について,説明をしておく。

この誠実さがあれば,
問題はない保証,なんだろうなと,
感じているところです,はい。

店頭にきてから説明,
購入時に説明,

これをしたからNG,
ということなんですよね。

ま,それにしても,

保証=無償 とイメージする,
という指摘は若干,乱暴なような,
論理の飛躍があるような気がしています。

圧倒的な保証の法則

でね,クライアントには,

圧倒的な保証をしよう

というお話をしています。

保証=損じゃないんです,
保証=得なんです,

売り手側にとっては。

商品品質の信頼アップになり,
保証の安心感で顧客数も増える。

さらに,

保証が実行されることで,
商品改善にもつながる。

一石三鳥なのが,保証制度,
なんですよね,売り手にとっては。

もちろん,お客様には,
安心というのを与えられますし。

 

でね,圧倒的な保証を
作るためのポイントは2つ。

「時間制限」と「返金・金額」。

保証期間をいつまでにするか,
返金保証をどうするか。

まずは,この2点を
圧倒的なものにする。

無期限でも,100年でも,
5年でも,10年でもいい。

現実に,できる保証期間で,
しかも,他がやってない保証期間,
これを設定するんです。

先日,お話を聞いた家具屋さん。
職人さんに話を聞いたら,

「うちの家具は,30年は余裕で持つ」

ということだったので,

「10年保証」にした

とのことでした。

でね,一般的には,家具の保証って,
1年~3年ぐらいなわけ。

10年,というのは圧倒的。

 

でね,返金・金額の保証。

返金するなら,基本的に,
全額返金をつけると,圧倒的です。

あとはね,

家電なんかの保証だと,
保証金額が下がって行く

なんていうこともあるんです。
これを下げずに,一定にする。
最初の保証金額を維持する。

これなんかも,圧倒的です。
(某家電量販店さんがCMやってますね。)

保証=有料でもかまわない

でね,保証=無料というのは,
幻想にすぎない,と僕は思うんです。

保証=有料

これで,全然,かまわないわけですよ。

家電量販店みたいに,
購入金額やポイントの数パーセント
をいただいても,かまわないわけです。

住宅ローンなどで,機関保証を頼むときに
保証料って支払っているじゃないですか。

もちろん,無料保証と,
有料保証の併用もOK。

でね,消費者庁の意向をくみ,
かつ,正直な広告を作る

のであれば,

10年間長期有料保証

とか,堂々と書けば
良いんだと,僕は思います。

無料だと,これだけの保証です。
有料だと,こんなに保証があります。

どちらがいいですか?

こうやって,選択してもらえば,
いいと思うんですよね。

でね,一定数,有料保証,
これ,頼んでくれるんです。

これ,利益率を上げるだけじゃなくて,
嬉しいじゃないですか。

売っている僕らを,
さらに,信頼してくれる,
っていうことですから。

有料保証だからこそ,
得られる価値・与えられる価値,
あるはずです。

有料保証=デメリット,
と考えるのは,早計です,はい。

保証をやっていない人,
有料保証をやっていない人,

是非,導入してください。





【アクセス】ファシリテーション株式会社

地下鉄・丸の内駅 8番出口徒歩6分
名古屋市西区那古野一丁目3番16号 G next nagono 5F



関連記事

  1. マーケティング

    無料なんてやめちゃいましょ

    久々にゲーーというニュースな感じな,稼ぐ仕組みの公式で利益を増やし…

  2. マーケティング

    あの会社から客が逃げる理由

    会社のヤバイ臭いを嗅ぎとる,未来逆算マーケティングで低コストで利益…

  3. マーケティング

    捨てさせる 次に稼ぐ技術とは

    年末年始のお掃除はお早めに,そんな感じのさわちゅうこと,澤田で…

  4. マーケティング

    質の改善をする前に稼ぐのだ

    仕訳の内容を精査しているとアマゾンでの買物が多いなと思う未来逆…

  5. マーケティング

    僕の悩みを解決してください

    お風呂に入ると激痛が走って思わず悶えた,稼ぐ仕組みの公式で利益を増…

  6. マーケティング

    生き残れるか否かは電話の差

    珍しく,ネット予約ではなくて,電話予約をした未来逆算マーケ…

最近の記事


ファシリテーション株式会社
行政書士ほみにす法務事務所

451-0042
名古屋市西区那古野一丁目3番16号
G next nagono 5F

PAGE TOP