マーケティング

盗人にも利を与えておくべし

泥棒が入った!で予定が狂う
未来逆算マーケティングで低コストで利益を上げ、
潰れない会社を創るお手伝いをする参謀、

名古屋の社外COO(スーパー・ファシリテーター)、
「さわちゅう」こと、澤田隼人です。

いやぁ、まいった、まいった。

庭に面した1階のガラスを割って、
中に侵入ですわ・・・。

侵入盗・・・。

 

怖いわぁ。

 

うちの奥様の法人の、
女子独身寮のお話ですが。

緊急連絡が入って、
急遽、実家にいたのが、
ボクも道連れにリターンです。

ま、名古屋なんですけどね。

幸い、大きな被害はなかったものの、
精神的ダメージは大きいのです。

防犯意識、高めないとな・・・。

 

で、まぁ、悪いのは盗人、
盗人が100%悪いわけです。

でもね、
ちょと注意して欲しいのは、

マーケティングや
ビジネスの世界では、

盗人猛々しい人がいた、としても、
その人を100%、悪人にしては
いけないのです。

というわけで、今日は、

盗人にも利を与えておくべし

お伝えしたいと、思います。

盗人いるいる

で、まぁ、盗人っているわけですよ、
ビジネスをやっていると。

あ、本当の盗人(万引犯)なども、
問題ですが、そちらではない盗人。

時間泥棒、
労力泥棒、
精神力泥棒。

こっちの系統の人たちね。

人のサービスを散々使っておいて、
ギャーギャーギャーギャー
クレームだけ言う。

こういう人たち、です。

そして、金払いが悪い(苦笑)

こういう人たちの相手って、
本来的にはしていちゃいけないのです。

修行だと思って、趣味で、
やるのであれば、問題は
ないような気もしますが・・・。

でね、

 

嫌いなお客さんは、
さっさと燃やせ。

燃やして、好きなお客様の
「肥料」にせよ。

 

とクライアントのみなさんには、
お伝えしていますけど、

嫌いな客、
嫌な客、

これとは付き合わない、
というのが一番なのです。

嫌いなお客さんのために
大切な時間を使う。

それは本当に良いことなのか?

だからね、

嫌いなお客さんは、
さっさと捨てる。

連絡先やリストから
完全消去する。

着信拒否にしたり、
受信拒否にしたりする。

本当に嫌いなら、
その人のリストを
火で燃やしてもいい。

 

そういうことを
お伝えしています。

副作用を抑える小さい利

でね、この「燃やす作業」、
ラディカルにやると、
副作用がでることもあるんです。

それが、

粘着質に追ってくる

ということがありうるわけ。

ずーーっと、付きまとわれたり、
したりするわけですよ。

でね、クライアントのところでも、
よくいるクレーマーの口癖は

私のためにいってるんじゃないのよ、
あんたたちのために言ってるんよ!

っていうやつ。

あなたのためになる、
っていっときながら、
自分の利益しか考えていない人。

よくいると、思います。

こういう人々は、
無視するのが一番、
なんですけどね。

ただ、ずーーっときたり、
するわけです。

 

じゃあ、どうすんの?

っていうと、

少しだけ、盗人に利を与える。

これをやっておくべきなんです。

 

ん?

 

っと思われるかもしれませんが、
盗人を黙らせるときには、

完全勝利の一歩手前を目指す

これが一番だと、
ボクは考えているんです。

 

例えば、全額返金。
しかも、利息までつけて返す。

それぐらいのことを
したっていいんです。

 

今後に発生する損害、
これを防ぐためには安いモンです。

盗人が多い会社って、
ほんと、従業員が疲弊しますから。

採用コストとかも考えると、
本当に安いんですよね。

 

でね、少しの利を与えて、
代わりに、念書・誓約書を取っておく。

もう二度とこないでね

って。

 

で、実際に再度きたりとか、
度重なる不当要求をしてくる、

なんていう場合には、
法的に対応する方向

これで進めばよいわけです。

気をつけたいのは、
過剰な利を与えると、
盗人は調子に乗る、ということです。

与えすぎてもダメ、
与えなさすぎてもダメ。

 

目的は、二度と目の前に
出てきてもらわないようにすること。

そのために、最適な
小さな利、とはなにか?

ちょっと、考えてみてください。

 







・社外COOに興味はあるけど
 どうなのかよく分かんない。
・社外COOを活用してみたいけど
 どうすればいいか分かんない。
・社外COOを頼むかどうかは分からんけど
 一度、澤田と話をしてみたい


というような要望に答えまして、社外COOの導入をお考えの方に45分間の初回無料面談のタイミングを設けることにしました!真剣に自社の事業推進・業績アップをしたい方はぜひ、この機会にご相談下さい。

メールフォームからお気軽にどうぞ😄


澤田隼人(1985年12月9日生まれ)は、多才なゼネラリストであり、特定行政書士として「行政書士ほみにす法務事務所」を運営。2009年の創業以来、会社設立や医療法人設立など幅広い法務サービスを提供しつつ、社外COOとして経営者を支え、事業戦略、資金調達、マーケティング、組織構築、人材採用・育成、マネジメント、コーチングに携わっている。 経営理念「Design New -温故知新-」は、伝統と革新を融合させた戦略を反映。ファシリテーション株式会社の代表取締役としても、多面的なビジネス支援を展開し、企業の成長を後押ししている。 また、ITスキル(HTML、SEO)やマーケティング知識(PPC広告、ブログ集客)を活かし、多様なクライアントのニーズに応えている。さらに、司法書士・税理士・社労士・土地家屋調査士、弁護士事務所での経験を活かし、複雑な法的問題への対処や士業の管理にも精通している。 大手予備校・河合塾のチューター時代から人気を博し、20年以上セミナー講師としても活躍。多面的な視点とスキルでクライアントの成功に貢献している。
【アクセス】ファシリテーション株式会社

地下鉄・丸の内駅 8番出口徒歩6分
名古屋市西区那古野一丁目3番16号 G next nagono 5F


関連記事

  1. マーケティング

    魔法のスイッチ 常識を超える瞬間

    超・タダ単に驚いてしまった稼ぐ方程式をクライアントと共に探究・…

  2. 思考術・仕事術

    大失敗の法則 臭いを嗅ぎ分けぬ

    絶対にババでしかないだろうと思う、クライアントと稼ぐ方程式を探究・…

  3. マーケティング

    その名前 儲かってない証拠だ

    フライドチキンを温めようとしたら、アルミホイルがないことに気がつい…

  4. マーケティング

    旅くじ リアルぶっとびカードが

    ピーチの旅ガチャを引いてきたクライアントと稼ぐ方程式を探究・実践す…

  5. 思考術・仕事術

    シンプルな法則 けっきょくは余白

    スケジュールがソールドアウト状態な稼ぐ方程式をクライアントと共に探…

  6. マーケティング

    ブームに乗るな、やめなダメ

    久々にルーズソックスの女子高生を見た未来逆算マーケティングで低コス…

最近の記事


ファシリテーション株式会社
行政書士ほみにす法務事務所

451-0042
名古屋市西区那古野一丁目3番16号
G next nagono 5F



PAGE TOP